title

国内の切手ブームの再発行された切手と切手買取

本人にとっては不要な切手でも、切手買取に出すと価値があることを悟ることはよくあります。大掃除をしたら大量に出てきた切手は、どう処分するべきか悩みますが、ごみとして出すのはもったいないです。少なくともその切手ごとの額面以内の価値が、どの切手もにあります。たくさんの切手を直行でゴミ箱行きにするのではなく、それは切手買取ショップに買取に出すべきです。日本の切手収集ブームは1950年から1960年代ごろに起きていて、その理由の一つが資産価値があり、あとで高く売れると信じられていたからでもあります。だから当時は郵便局の前に、長い列ができるくらいに人が並び、記念切手を投資のために買い求めていました。出すがブームともなれば発行をする側も、それなりに大量に生産しますので、発行枚数はとても多く、それはいくら記念切手でも希少価値は高くはありません。たくさんあっても切手の額面以上での買取には、ほとんどならないということです。