title

大量生産の古い切手は切手買取より郵便で使用を

古い切手は切手買取に出しても買取可能かは気になりますが、古い切手は実は現代でも使用は可能です。もちろん速攻で古い切手を、切手買取店へ売却をすることもできますが、ほかにも集団はあります。大量生産されていてしかも古い切手は、それ自体に希少価値が低いので、古いことに価値があるかと言えば、大量生産品にはプレミア感が無いです。金券ショップや買取店は持って行っても、切手の額面以下の金額になる可能性の方が高くなります。でも未使用の切手の場合だったら、普通に郵便を出すときに、切手の額面通りで利用可能です。古い切手がたくさん出てきたものの、量が多いので郵便物には使い切れないと考えるのも無理はありません。しかし郵便局では利用できるので、郵便局で取り扱う宅急便の荷物に切手を張り付けたりできますし、暑中お見舞いや年賀状にも使うことが可能です。官製はがき以外の、切手がついていないはがきに利用できるので、意外と古い切手も重宝をします。