title

オオパンダや赤猿なども切手買取では高価買取に

切手買取で高めの査定を狙うのであれば、中国切手にも注目です。掲載成長を遂げた中国において、中国切手は価値が上がりました。プレミア切手と呼ばれる類としては、1960年から1980年台に発行をされた切手類がそれです。プレミア中国切手には種類がありますが、切手買取に出すなら中のプレミア切手も外せません。中国のプレミア切手のひとつが赤猿であり、中国において春の年賀切手です。サルが描かれている切手出すは、顔は金色デアリとても美しい切手でもあります。1980年台の当時は切手収集が禁止をされていましたが、そおれは文化大革命の最中だったためです。切手を手に入れるどころか、輸出さえも禁止という状態ですから、今も残る赤猿切手は当然数は少ないですし、買取でも間違いなく高値になるプレミアな切手になります。発行時期により2つの種類があるのがオオパンダであり、オオパンダ一次は1963年に、オオパンダ二次は1073年に発行されていて、こちらも中国切手としての価値が高いです。

趣味の切手を辞める契機に!
集めた切手が思った以上に高く売れるかもしれません